ごあいさつ

塩田への想い

塩は、人間が生きていくためには必要不可欠なものです。
輝く海に囲まれた日本では、いにしえより海の塩を摂取し、人々が生きていました。
日本海に突き出た能登半島では、弥生時代には土器を使った製塩が始まり、8世紀には揚げ浜塩田での製塩が始まったとされています。半島最先端の珠洲の地では、江戸時代には加賀藩前田家の奨励で海沿いの田園が、くみ上げた海水をまいて乾かし、塩を取り出す揚げ浜式塩田となり、塩作りが全域で盛んになりました。
その塩は、加賀百万石の消費量の大半を占め、日本各地にも運ばれ、珠洲の美しい海から頂いた塩の恵みは、江戸時代の人々の健康と、能登の暮らしを潤してきました。

ところが明治以降は安価な輸入塩に押されて急速に揚げ浜式塩田が衰退し、残すは珠洲の外浦側だけとなりました。そして昭和36年には仁江海岸の角花家が国内で唯一、揚げ浜式製塩法を守る存在となりました。

平成に国による塩の専売制が解かれ、珠洲など奥能登で、少しずつ塩作りが息を吹き返そうとしております。それでも塩田での塩作りが行われているのは、国内では奥能登と、伊勢神宮の神事に用いる塩田など数少ない地に限られます。
角花家が守り伝えてきた揚げ浜式製塩法は、国の重要無形民俗文化財に指定されました。
奥能登の塩田は日本の塩づくりの最後の砦なのです。しかし奥能登もまた、少子高齢化の波に洗われ、やがて後継者不足から揚げ浜式塩田が無くなり奥能登の特徴的な塩田風景もきえる可能性もあります。

あえて、私たちが揚げ浜式塩田にこだわるのは、揚げ浜塩が能登そのものだからです。豊かな里山から海に流れ出た水と、能登の沖でぶつかる暖流と寒流がもたらす国内有数のピュアな海水が、夏の炎天下の塩田で働く能登の人たちの技術と忍耐によって、揚げ浜塩の結晶となるのです。

現代、生産効率を重視し合理化、大量生産に向かい走り安定供給と低価格な塩が普及いたしました。能登の繊細な自然環境を生かし人力で塩を作ることは、今のご時世に逆行する行いなのかもしれません。
しかし、揚げ浜塩に拘り商品開発し、2014年に塩街道の珠洲市片岩に「しお・cafe」をオープンし、揚げ浜塩の味を皆さまにお伝えしてきた私たちは、能登の結晶であるこの塩を守らねばならないとの思いを強くしてきました。

海と太陽と砂浜と人力で作られ、夏場の塩田の作業は、過酷なものです。それでも、揚げ浜塩に含まれるミネラルなどの栄養素、そして私たちの心に響くおいしさは、決して工場で作ることはできません。
能登外浦の一大産業であった塩田の景観を再生し、能登の自然と文化と歴史、人々の思いが詰まった塩を、能登のブランドとして皆さまにお届けしたい。新しい揚げ浜式塩田に取り組む私たちの思いを輝く塩に結実させ、全国に発信してまいりたいと思っています。


代表取締役 中巳出 理

PAGE TOP
Translate »