揚げ浜製塩法の塩が出来るまで

1. 海水を汲み上げ塩田まで運ぶ

海水を汲み上げ塩田まで運び、引桶(ひこしげ)に溜める。

2.砂に筋目をつける

海水を撒く前に「細攫え(こまざらえ)」という道具で塩田全体の砂に筋目を入れます。

3.潮撒き

引桶から打桶(おちょけ)に海水を汲み、弧を描くように撒く。

4.砂に筋目をつける

撒いた海水の水分を早く乾燥させるために「細攫え(こまざらえ)」という道具で塩田全体の砂に筋目を入れます。

5.砂を乾燥させる

太陽と風の力で乾燥させる。

6.カン砂を集める

乾燥させた砂を塩田の中心に集める。

7.カン砂を垂舟(たれふね)へ入れ、かん水を取る

集めた砂を入れる垂舟にかん砂を入れてその上から海水を注いで砂についている塩の結晶を流し採る。

8.垂舟を解体して砂を戻す

9.平釜で荒焚きする

かん水(塩分濃度が上がった海水)を平釜で煮詰める

10.荒焚きしたかん水を濾過

荒焚きをしたかん水を竹炭、黒炭・砂が層なった胴桶(どうけ)で濾過。不純物を取り除く。

11.平釜で本焚きする

胴桶で濾過したかん水を再び釜一杯にして煮詰める。最後に苦汁と分離させると塩の結晶が出来る。熱気が立ち込める中、火加減を調整し、苦汁を取り除きながら作業を行う。

12.塩と苦汁を釜から取り出す

焚き上がった塩を釜から採り出してい出場(いでば)に入れて苦汁を切る。

13.塩の完成

PAGE TOP
Translate »